ハッピーベジーとサジージュースを徹底比較

母乳育児にオススメはハッピーベジー

ハッピーベジーとサジージュースを徹底比較>>授乳期の注意点

授乳期に避けたい食べ物

和食がオススメ

ママが食べたものが母乳に影響を与える授乳期は、日々の食事内容にも気を付けたいところです。 授乳期には食べないほうがいいものについて調べてみました。 原則は「高い塩分」「高い脂肪」「カロリーの高い食事」は避ける 授乳中には基本的に高塩分、高脂肪、高カロリーの食事は避けるべきです。 中でも避けたほうがいいものを紹介していきます。

もち米

ご飯は母乳を作る際、心強い味方となってくれますがモチ米は避けるべきだと言われています。 モチ米はカロリーが高く、母乳の粘度が高くなりやすくなることに繋がるらしいです。

揚げ物

揚げ物は母乳の味を悪くすると言われており、赤ちゃんが苦手な味になるケースがあるようです。 脂肪分が高く、ドロドロとした血液を作り出す為授乳期は揚げ物を控えたほうがいいでしょう。

アルコール

授乳中のアルコールは厳禁です。 これは赤ちゃんが母乳を通じてアルコールを摂取すると、発育や脳などに影響がある可能性に繋がると言われています。

和食中心がオススメ

授乳期は白ご飯や根菜類、低脂肪な肉・魚などを中心とした食事がいいでしょう。 これらの条件を満たすのはまさに「和食」。 授乳期は洋食やジャンクフードなどは極力控えるようにし、昔ながらの日本食を中心とした食生活に切り替えることをオススメします。 食事に気を遣うとママのストレスにもつながる為、自分の体調・母乳の状態を考慮しながら自分に合う食生活を作り上げてください。